子犬の育て方

しぐさ

パピヨンを飼いたい
 

蝶々のような大きな耳が特徴でふわふわなパピヨン。
もともとはヨーロッパの貴族が溺愛していたワンちゃんです。
見てるだけで癒されますね。
お家の中で飼いやすい子です。

 

パピヨンは遺伝性の病気の心配が少なく、その愛らしさから
子犬の時からお家に迎えた、という飼い主さんも少なくありません。

 

特に子犬の時は、どんなしぐさも可愛く見えて、
目が離せなくなってしまう人がほとんどではないかと思います。

そんなパピヨンのくしゃみも、とてもかわいらしいですよね。
でも飼い主さんは病気ではないかと心配されますよね。
気管支炎や心不全など、パピヨンにもある病気ですから。

愛らしい

実はパピヨンが鼻を鳴らすようにぷしゅんとしている動作、逆くしゃみと言います。
短頭犬種(チワワ、プードルなど)に多いと言われており、パピヨンもこの部類です。

単にホコリなんかが鼻に入って、逆くしゃみで出そうとしている場合もあります。


子犬は特にやんちゃな子が多いですから、回数も多いのです。
アレルギーなどの可能性もありますので素人目に判断せず、鼻水が出てる、
下痢が出てる、なんて症状を併発している時はお医者さんに診てもらってくださいね。


回数が多いようであれば子犬を飼っていればワクチン接種で病院に行った時に
先生に相談してもいいでしょう。 犬にも人間と同じように様々な病気があります。


そうした時にはやはり元気がない、ぐったりしているといった変化が見られます。
子犬の時はまだ身体も弱いので、ちょっとした変化にも早めの対処が必要です。
ですから、家族の一員としてそうした変化に敏感に暮らしたいものですね。

 

敏感

京都の夏は、伝統的な行事が数多くあるため、着物を着るチャンスが増加します。
普段は、なかなか着るチャンスのない着物を、このような機会に是非、
レンタルの着物で、気軽に楽しんでみませんか。


たとえば、京都祇園祭りの期間や、大文字の送り火などの京都の伝統的な行事の時や、
川床と呼ばれる夏季限定の夏を涼む、京都独自のイベントなどに、浴衣のレンタルを
利用して、お手軽に変身して、参加してみてはいかがでしょう。

着物を来ているだけでまるでここに住んでいるかのような気分が味わえます。
地元の人ならではの風情を楽しむことができると言えるかもしれません。


でも、着物という非日常の装いをすることで気分も高まるでしょう。
そして、浴衣のレンタルのパターンとして、浴衣、帯、下着、下駄などの一式を借りて、
着付けとヘアセットをしてもらうというのが一般的ですが、自分で何も用意しなくても
手ぶらで、気軽に変身ができることが魅力です。


また、自前の浴衣を持ち込んで、着付けとヘアセットだけお願いすることも、もちろん自由にできますよ。


こんなに手軽にレンタルできるからこそ、旅先での楽しみとして着物があるのです。
なお、一日中、着物を着てから夕方返却するというのが一般的なパターンですが、
オプションでは、翌日返却するパターンもあります。

 

お知り合いの方に、可愛いラッピングでプレゼントしたい方にお勧めのサイトです。