子犬の育て方

パピヨンを飼う上でオスとメスはどちらがいい?

 

パピヨンは、小型犬で愛嬌があり、人懐っこく活発な性格です。
比較的飼い方としては育てやすい犬種と言えますが、子犬から飼い始める場合に
オスかメスか迷う場合があります。

しかし、性別よりも性格で選んであげたほうが良いです。
ブリーダーやペットショップの方に、親犬の性格や、子犬一匹ずつの性格を聞いてみて判断すると、
決めやすいでしょう。

おとなしい性格

パピヨンの子犬を見学に行った際に、すぐにこちらに寄ってくる犬は気が強いですし、
隅の方で動かない犬はおとなしい性格と言えます。

飼い方としては、性別で若干の違いがあります。
メスは発情期になると生理と呼ばれるものがありますので、陰部からの出血が見られますし、
オスは発情期のメス犬に合うと興奮し自分を抑える事が出来なくなります。

安心できる生活

その他に、オスは縄張り意識が高い犬が多いので、飼い主がしっかりとリーダーの姿勢を見せる必要があります。
常に、人間が上であるという行動を取ることで犬は安心して生活が出来ますので、意識して行動しましょう。


また、きっちりしつける自信がないのであれば、しつけられたパピヨンを
引き取りに行く方が良いかもしれません。
子犬のうちが一番可愛いですが、大前提としてきちんと育てるという
飼い主の責任と努めをしっかりと考えることが大事です。