子犬の育て方

しつけておきたい無駄吠え

パピヨンを飼いたい
 

パピヨンのしつけ方の中でも、簡単にはいかないのが無駄吠えのしつけです。
パピヨンだけではなく、全ての犬種の飼い主さんが頭を悩ませていることでもあります。

負担をかけない

無駄吠えは、運動不足と飼い主のリーダーシップの欠如から来ることが多いです。
犬に何らかのストレスが溜まっており吠えている場合と、飼い主を守ろうとして吠えている場合があります。

どちらも根気よく付き合っていけば解消できることですので、しっかりと犬と向き合っていきましょう。
しつけ方としては、まずはパピヨンの運動不足を解消させます。

走らせる

毎日の散歩の距離を増やしたり、大きな公園で思いっきり走らせたりと、毎日の運動を欠かさず行うことが大切です。
犬は疲れてしまうと、家では寝てばかりいます。
舌を出して呼吸をするぐらい運動させると良いでしょう。

更に、普段の生活でも飼い主がリーダーシップを取っていきます。
犬の要求に応えない・可愛がり過ぎない・吠えても無視をする、などとなります。


どうしても、甘えてこられると、無駄におやつを与えたり
静かにさせるために言うことを聞こうとしてしまいがちになりますが、
それでは我が儘に拍車をかけることになってしまいます。

飼い主の毎日のぶれない姿勢を感じ取って、犬はリーダーは人間であることを理解していきますので、
根気よく付き合っていく事が何より重要です。