子犬の育て方

パピヨンの正しい散歩の仕方

パピヨンを飼いたい
 

パピヨンは小型犬で、体重も軽い方ですのでそれほど散歩に困っている、という方は
いらっしゃらないのではないでしょうか。


しかし、子犬の頃から散歩の仕方をしつけておかないと、道行く人や
犬に吠えかかる危険性は十分にあります。

そこで、パピヨンの散歩のしつけ方をご紹介します。
まずはリードをしっかりと首輪に付けますが、リードは首輪に付けるタイプのものを選びましょう。

率先して

ハーネスの様な胴体に付けるものは、こちらの指示がパピヨンに伝わらない
可能性がありますので避けてください。
全ての行動を飼い主が率先して行います。

ゆっくり

犬が先にならない様にしていくことが重要です。
しつけ方としては、リードを少しゆるめて短めに持ち、歩きだします。
犬が飼い主より先に歩いて行こうとしたら止まって下さい。
そして、くるっと逆方向を向いて歩きだして下さい。

最初はその繰り返しです。
これにより、犬が先に歩いてしまうと行きたい方向に行けない、とパピヨンが自覚します。
飼い主の後をついてくるようになったら、ゆっくりと歩きだしましょう。


犬が飼い主より前を歩くのが習慣になってしまうと、通行人に
迷惑をかけないための制御が1歩遅れる可能性もあります。
小型犬でも犬を怖がる人はいますので、そういった配慮も必要です。

飼い主が常にリーダーシップを取ることで、ひっぱり癖や無駄吠えも無くなっていきます。
とても重要な部分ですので、しっかりとしつけていきましょう。